マンダレー市上水道整備計画

(The Project for Improvement of Water Supply System in Mandalay City)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ミャンマー [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2015年6月
事業
無償資金協力
供与額
25.55億円
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

ミャンマー第2の都市であるマンダレー市の水道普及率は、北部4地区60〜90パーセントに達している一方、南部2地区は6パーセントにも達していません。特に、ピジータゴン地区は、近年の人口増加や商業施設などの建設により水需要が急増するなかで貧困率も高い状況です。多くの住民は、家庭排水などによって水質が悪化した非衛生的な浅井戸の利用により、下痢などの水因性疾患に晒されています。この協力では、同地区の上水道施設整備および同市の既存上水道施設への塩素消毒施設の導入を支援します。これにより、給水人口の増加に対応するとともに水道水の安全性確保を図り、同地域住民の保健衛生状況および生活環境の改善に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報