保健人材指導・実践能力強化プロジェクト(ProFORSA 2)

(The Project for Strengthening Pedagogical and Technical Skills of Health Personnel in Mozambique (ProFORSA 2))

【写真】プロジェクトの様子

国名
モザンビーク [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2016年5月〜2019年5月
事業
技術協力
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

モザンビークでは、1992年まで続いた内戦の影響により、保健人材の不足が深刻な問題でしたが、量的拡大を着実に図り、2015年には、保健人材の養成数の目標値(16,000人)をほぼ達成しました。一方で、保健人材の質に関しては、様々な課題を抱えていたため、日本は技術協力を実施し、人材養成機関の教育の質の維持・向上などを支援しました。この協力では、主に母子保健の人間的ケアにかかる保健人材養成機関教員と保健人材の指導力・実践力の強化を支援します。これにより、保健人材養成機関および保健医療施設で、質の高い保健人材が育成されることが期待されます。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報