保健インフラマネジメントを通じた保健サービス強化プロジェクトフェーズ2

(The Project on Improvement of Health Service through Health Infrastructure Management(2))

【写真】プロジェクトの様子

国名
ウガンダ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2016年7月〜2020年7月
事業
技術協力
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

ウガンダでは、質の高い保健医療サービスを提供する基盤となる保健インフラ、特に医療機材の適切な使用やメンテナンスに課題があります。そこで日本は、本プロジェクトのフェーズ1を支援し、「5S-CQI(カイゼン)-TQM」という手法を用いた病院内業務環境の改善、医療機材の使用やメンテナンスの能力向上に貢献しました。この協力では、対象施設を同国内のすべての地域中核病院(RRH)に拡大し、フェーズ1での協力成果の全国拡大や質の向上に加え、保健省による指導・監督体制の確立を支援します。これにより、保健省の主導の下で同国内のRRH の保健インフラマネジメントが強化され、保健サービスの質の向上に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報