災害リスク軽減・管理能力向上プロジェクトフェーズ2

Disaster Risk Reduction and Management Capacity Enhancement Project Phase 2

実施中案件

国名
フィリピン
事業
技術協力
課題
水資源・防災
協力期間
2019年9月〜2024年9月

プロジェクト紹介

フィリピンは、台風、洪水、地震、火山などの自然災害多発国であり、人的および経済的な側面において、自然災害は持続的な開発を阻害する一因となっています。フェーズ1の協力では、同国の中央防災機関である市民防衛局(OCD)に対して、国家レベルにおける災害リスク軽減・管理(DRRM)に係る組織・人材の能力の向上を図りました。この協力(フェーズ2)では、さらなるOCDの実施・調整能力の強化や地方おけるDRRM活動の促進を通じて、地方管区および地方自治体における災害リスクを踏まえた計画の策定・モニタリング評価、そして全国普及を行っていきます。これにより、地方レベルの防災能力が強化され、自然災害による人的・経済的被害の削減を目指します。

協力地域地図

災害リスク軽減・管理能力向上プロジェクトフェーズ2の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • R/D(討議議事録)署名の様子(カウンターパート長官と事務所所長) 

  • R/D署名時の様子(カウンターパート長官と事務所所長) 

  • R/D署名時の集合写真 

  • プロジェクト開始時のキックオフ会議の様子(関係機関を招待) 

  • 第1回カウンターパート会議の様子 

  • ワーキンググループ会議の様子 

  • 国家経済開発庁(NEDA)でのベースライン調査の様子 

関連情報

関連・連携プロジェクト

本プロジェクトの他の期・フェーズ

関連記事等

関連記事等はありません。