メキシコ沿岸部の巨大地震・津波災害の軽減に向けた総合的研究

The Project for Hazard Assessment of Large Earthquakes and Tsunamis in the Mexican Pacific Coast for Disaster Mitigation

実施中案件

国名
メキシコ
事業
技術協力
課題
水資源・防災
協力期間
2016年5月〜2021年5月

プロジェクト紹介

メキシコ太平洋沿岸部は、将来の巨大地震・津波に伴う災害リスクが高い地域であり、特にゲレロ空白域における将来の巨大地震および津波に伴う災害の軽減に向けた研究・開発が急務となっています。この協力では、最新の観測データから地震・津波シナリオを作成し、同沿岸部の巨大地震に伴う地震・津波災害軽減に向けたプログラムの構築を支援します。これにより、中南米・カリブ地域に津波減災教育プログラムが普及・活用されることや、将来の地震発生予測に向けて、巨大地震の発生メカニズムの本質的理解を目指します。

協力地域地図

メキシコ沿岸部の巨大地震・津波災害の軽減に向けた総合的研究の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • ゲレロ州シワタネホ市の海岸。近辺で防災教育を実施。 

  • 空港付近にある地震計の小屋 

  • 箱の中に地震観測を行う計測機器が入っている。 

  • シワタネホ市中心地の港にある潮位計の小屋 

  • 既存の潮位計 

関連情報