第二次中央乾燥地村落給水計画

(The Provision of Equipment for Rural Water Supply Project in the Central Dry Zone(Phase2))

【写真】プロジェクトの様子

国名
ミャンマー [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2015年9月
事業
無償資金協力
供与額
12.42億円
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

ミャンマーの中央乾燥地は年間降雨量が少なく、雨の多くは雨期に不均等に集中しています。生活用水は、溜池や浅井戸に頼っており、乾季に起こる溜池の水位低下や水質悪化も深刻な状況でした。日本は、過去の技術協力(2006〜2009年)で、国境地域・少数民族開発省開発局(現在の農業・畜産・灌漑地方開発局)に対して井戸掘削などの技術移転を行いました。しかし、掘削機材の老朽化や建設資機材の不足から、技術の有効活用が困難な状況でした。この協力では、一次協力に引き続き、新規水源開発に必要な深井戸建設の資機材の整備を支援します。これにより、通年利用可能な水の確保を図り、同地域住民の生活環境の改善に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報