第二次ハトロン州ピアンジ県給水改善計画

The Project for Rehabilitation of Drinking Water Supply Systems in Pyanj District, Khatlon Region (Phase 2)

実施中案件

国名
タジキスタン
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
水資源・防災
贈与契約(G/A)締結
2015年10月
供与額
2.65億円

プロジェクト紹介

タジキスタンは、豊富な水資源を有していますが、安全な水へのアクセス率は低く、その中でもハトロン州ピアンジ県は極端に低く、多くの住民が未だに安全な水を利用できない状況です。この協力では、第一次協力に引き続き同県において、村落給水設備の改修・新設・拡張などを支援します。これにより、安全で安定した水の供給が図られ、対象地域住民の衛生状況が改善されるとともに、児童・女性の水汲み労働の軽減も期待されます。

協力地域地図

第二次ハトロン州ピアンジ県給水改善計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • ハンドポンプ付浅井戸:ハンドポンプが故障しており、使用できない。(イモン・マシュラボフ村)(協力実施前撮影、以下2~7まで同様) 

  • 町内の共同水栓:ポリタンクに水を汲んで自宅に持ち帰っている。(ピアンジ町) 

  • 町内の共同水栓:給水圧が低いため、蛇口は常時開放されたままである。(ピアンジ町) 

  • 村内のかんがい水路自宅前の水路の水を生活用水として使用している。(シャクマット村) 

  • 生活用水源となっている浅井戸:使用する前にポンプに呼び水をする必要がある。(サルマントイ2村) 

  • 既存深井戸2003年に井戸ポンプが故障して以来放置されている。(サルマントイ2村) 

  • ボーリング調査:高架水槽の建設予定地点の地質状況を調査した。(サルマントイ2村) 

関連情報