市場志向型小規模園芸農業推進プロジェクト

(The Project for Smallholder Horticuluture Farmer Empowerment through Promotion of Market-Oriented Agriculture(Ethio-SHEP))

【写真】プロジェクトの様子

国名
エチオピア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2017年1月〜2022年1月
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

エチオピアではGDPの4割を農業分野が占めますが、その多くは小規模農家による天水依存型農業であり、頻発する干ばつなどの自然災害に脆弱な状況と言えます。灌漑開発の進展、普及員による営農指導の浸透により野菜・果物の生産量は増加しているものの、小規模農家の市場アクセスは限定的で、適切な販売先を確保できないなどの課題もあり、生産量の増加が必ずしも収入向上に結びついていません。この協力では「アフリカ地域市場志向型農業振興(SHEPアプローチ:野菜や果物を生産する農家に対し、「作って売る」から「売るために作る」意識変革を起こし、営農スキルや栽培スキル向上によって農家の園芸所得向上を目指すもの)」を用いた支援を行います。これにより、小規模農家の生産技術・マーケティング能力が強化され、市場志向型農業を促進し、その収入向上に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子