市場志向型小規模園芸農業推進プロジェクト

 英語

(1)当該国における農業セクターの現状と課題
エチオピア連邦民主共和国(以下、「エチオピア」という)において、全人口の約85%が農業に従事し、農業セクターがGDPに占める割合は約40%となっている。農業従事者の多くは平均耕作面積1ha未満の自給的な小規模農家であり、大半は天水依存型農業で穀物生産に従事している。エチオピア政府は、政府予算の10%以上を農業セクターに投資しており、その結果、主要穀物(テフ、メイズ、小麦、大麦、ソルガム等)の農業生産量、生産性は着実に向上しているが、頻発する干ばつ等の自然災害に脆弱な生産構造であることから、安定的な食糧生産を実現するためには、農業セクターの強…

更新情報

2019年9月24日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2019年4月5日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2019年2月18日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2019年1月18日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2018年11月14日
資料集」を更新しました。
対象国:
エチオピア
課題:
農業開発/農村開発
署名日:
2016年12月5日
協力期間:
2017年1月15日から2022年1月14日
相手国機関名:
連邦農業省 アムハラ州農業局 オロミア州灌漑開発公社

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。