農村レジリエンス強化のためのインデックス型農業保険促進プロジェクト

(Index-based Crop Insurance Promotion Project for Rural Resilience Enhancement)

【写真】プロジェクトの様子

国名
エチオピア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2019年3月〜2024年3月
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

エチオピアにおいて、農業は労働人口の約7割、GDPの約4割を占める重要分野であり、政府や各国援助機関が長年にわたり開発を続けたことで穀物生産量、生産性は向上しています。しかし、同国は降雨量が少ないために、小規模農家は干ばつなどの自然災害、それにより生じる食料危機のリスクに対して脆弱です。この課題を解決するため、JICAは2012年より天候インデックス保険の導入・開発を行いました。これは、インデックス値、ここでは降水量といった天候に関する値、事前に設定された数値を下回る、または上回る場合に保険料が支払われるものです。結果、農家が高い関心を寄せ、その営農活動に積極性や変化がもたらされました。このことを受け、本案件ではさらに対象を拡大し、小規模農家の災害へのレジリエンス(対応能力)を強化するために、オロミア州でのインデックス型農業保険の普及に向けたガイドライン策定を支援し、もって同国のインデックス型農業保険の持続的な運営に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報