ブラジルと日本の薬剤耐性を含む真菌感染症診断に関する研究とリファレンス協力体制強化プロジェクト

(Project for the Establishment of a Research and Reference Collaborative System for the Diagnoses of Fungal Infections including Drug-Resistant Ones both in Brazil and Japan)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ブラジル [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2017年8月〜2022年8月
事業
技術協力
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

ブラジルでは、慢性呼吸器疾患のうち肺結核症の患者発症率が日本の2倍(公益財団法人結核予防会、2015)です。肺結核患者の1割が、真菌感染症の中でも予後(治療後の経過・状態)不良の慢性アスペルギルス症を発症し、その5年生存率は5割以下と推計されています。アスペルギルスが耐性を獲得するしくみは未だ解明されておらず、ブラジル国内での薬剤耐性を示すアスペルギルス菌種の検出頻度を示す公的データもほとんどない状況です。この協力では、同国サンパウロ州カンピーナス都市圏において、薬剤耐性真菌症の疫学情報の把握と薬剤耐性遺伝子検出法の確立を図り、研究機関・医療機関・行政機関の研究協力体制とリファレンス協力体制の強化に貢献します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子