ダカール港第三埠頭改修計画

【写真】プロジェクトの様子

国名
セネガル [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2017年3月
事業
無償資金協力
供与額
39,71億円
課題
運輸交通

プロジェクトの紹介

セネガルの主要港であるダカール港において、内陸国向け貨物を扱う第三埠頭は老朽化が著しく、安全な荷役に支障が出てきています。また、既存岸壁の推進が不十分で大型船舶が寄港できない、陥没箇所での滞水に起因する腐水により、食糧を含む貨物や荷役労働者の衛生環境も保たれていないといった課題があります。一方で、域内経済の活発化に伴い、隣国マリ向けの貨物取扱量は、今後増加すると予想されており、マリ向け物流ルートの強化が求められています。この協力では、同港において主にマリ向け貨物を扱う第三埠頭の改修を行います。これにより、同港を経由するマリ向けの物流の拡大を図り、セネガルの持続的成長の後押しとマリの食糧安全保障に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報