モンゴルの気候条件に適した道路舗装技術能力向上プロジェクト

(Project for Capacity Development of Road Pavement Design Suitable for Mongolian Climate Condition)

【写真】プロジェクトの様子

国名
モンゴル [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2019年4月〜2022年3月
事業
技術協力
課題
運輸交通

プロジェクトの紹介

モンゴルでは、陸路交通が主な輸送手段です。道路舗装率は年々上昇し、過去5年間で年平均500キロメートルを上回るペースで舗装が延長されていますが、これらの舗装は外国の援助で進められたものも多く、各国それぞれの道路基準が適用されているケースもあり、モンゴルの厳しい気候条件に必ずしも十分に合致していません。そのため国道、地方道ともに、ひび割れや平坦性が低下した破損個所が多くみられ、円滑な交通、維持管理費抑制の阻害要因となっています。この協力では、道路・運輸開発省および道路・運輸開発センターの舗装技術の能力を強化することにより、舗装道路の構造設計、配合設計に係る基準類の策定・改定を図り、同国の気候条件に適した道路舗装技術の確立に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子