法の支配発展促進プロジェクト

(The Project for Promoting Development and Strengthening of the Rule of Law in the Legal Sector of Lao P.D.R.)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ラオス [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2018年7月〜2023年7月
事業
技術協力
課題
ガバナンス

プロジェクトの紹介

ラオス政府は、2020年までに「法の支配」を確立するため、法整備を進めています。同国の法・司法分野への日本の協力は1998年から続いており、2018年末には、その成果のひとつとして民法典が成立・ラオス国会の承認を得ました。今後は、民法典の普及、民事・刑事の基本法の理論研究成果をふまえた実務の改善、法学教育・研修機関の改善、またこれらを継続的に実施できる組織の能力強化が課題です。この協力では、同国の民事法や刑事法の法理論研究とハンドブックなどの作成、法学教育・法曹養成・実務研修における一貫したカリキュラムや教材の整備を支援します。これにより、法・司法分野の中核人材が適切な能力を身に付け、また、法学教育・法曹養成の担当者が質の高い法律実務家を育成する能力を身に付けることに寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報