SICA地域における生物多様性の統合的管理と保全に関する能力強化プロジェクト

Project for Capacity Development on Integrated Management and Conservation of Biodiversity at regional level in SICA Region

実施中案件

国名
中南米地域
事業
技術協力
課題
自然環境保全
協力期間
2019年3月〜2024年3月

プロジェクト紹介

中米・カリブ地域は、世界的にも生物多様性が豊かな地域です。カリブ海も同様に海洋生態系が重要な地域のひとつです。しかしながら、森林や湿地面積は減少傾向にあり、生態系が脅かされています。また、生態系は国境付近に生息していることも多く、同地域の8ヶ国によるSICA地域における生物多様性保全の取組みが課題です。この協力では、地域全体の生物多様性保全の状況を一元的に把握できる情報システムの構築、生物多様性保全と地域経済開発の両立を探るビジネスモデルの検討・普及、域内の知見の共有や関係者の能力強化を支援します。

協力地域地図

SICA地域における生物多様性の統合的管理と保全に関する能力強化プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • ホンジュラス国クジャマレ湿地。ラムサール条約の指定湿地。(写真提供:Sindy Lagos, Analista Ambiental, Cambio Climatico, Honduras) 

  • グアテマラ国ラス・エスコバス(箒の意味)川。マナンティアル保護区のサン・ジル山にある。この川は、同国カリブ海側にあるプエルト・バリオス市の水源となっている。(写真提供:Oscar Zaparolli, Ministerio de Ambiente de Guatemala) 

  • ホンジュラス国モスキティア地方。(写真提供:Calorina Montalvan, Honduras) 

  • ベリーズ国、ベリーズ川中流域の渡しの写真。橋のかかっていない所では今でも写真のような渡しを見ることができる。(写真提供:Ueda Hiroyuki, Belize) 

  • エルサルバドル国コアテペケ湖。(写真提供:Tominaga Kazuya, El Salvador) 

  • エルサルバドル国ホコタル湖。(写真提供: Miguel Gallardo, MARN, El Salvador) 

  • エルサルバドル国オロメガ湖とサンミゲル火山。ここでは現在湿地保全のための2か国間協力も行われている。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。