SICA地域における生物多様性の統合的管理と保全に関する能力強化プロジェクト

中米・カリブ地域は、世界的にも生物多様性が豊かな地域として知られていますが、森林や湿地面積は減少傾向にあり、生態系の劣化が進んでいます。また、貴重な生態系は国境付近に存在していることも多く、地域が一丸となった生物多様性保全の取組みが課題となっています。この協力では、中米・カリブ地域における生物多様性の利用と保全に関する能力強化を目的として、地域全体の生物多様性保全の状況を一元的に把握できる情報システムの構築、パイロット活動を通した国境を跨いだ生態系地域やこの地域の村落における持続可能な生態系保全ガバナンスの強化、域内の知見の共有や関係者の能力強化を支援します。

更新情報

2023年1月25日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2022年9月21日
プロジェクトホームページを新規開設しました。
対象国:
中米広域
課題:
自然環境保全
署名日:
2018年6月19日
協力期間:
2019年3月14日から2024年3月13日
相手国機関名:
中米統合機構 中米環境と開発委員会

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。