生計向上のための市場志向型農業普及振興プロジェクト

Project on Promotion of Market-oriented Agricultural Extension System for Livelihood Improvement

実施中案件

国名
ナイジェリア
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発
協力期間
2020年8月〜2024年8月

プロジェクト紹介

ナイジェリアのGDPに占める農林水産業の割合は約25パーセントと高く、GDP成長率は近年3パーセントを超える成長セクターとなっています。一方で、農家の市場アクセスは限定的であり、適切な販売先を確保できない、栽培技術が不十分、収穫時期が集中して価格暴落が起きてしまう等の理由により、農業生産増が農家の収入向上に直結していません。また、農林水産業に従事する労働者は就業人口の約7割であり、かつ、人口あたりの耕地面積は0.18ヘクタールと小規模農家が多いため、小規模農家の生計向上は重要な開発課題となっています。本事業は、対象州(20州)におけるSHEP(市場志向型農業振興)アプローチ(注)の普及メカニズムの確立及びプロジェクト実施州(20州から最大14州を選定)におけるSHEPアプローチと栄養改善推進の実施体制の構築を行うことにより、普及活動の質の向上を図り、普及活動の継続的な提供によって当国の農家の生計向上に寄与します。
(注)野菜や果物を生産する農家に対し、「作って売る」から「売るために作る」への意識変革を起こし、営農スキルや栽培スキル向上によって農家の園芸所得向上を目指すもの

協力地域地図

生計向上のための市場志向型農業普及振興プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 中央政府職員に対するマスタートレーナー育成研修(2020年8月)。日本人専門家が作成した音声付PPTにより実施。 

  • Nasarawa州職員によるタブレットを使ったベースライン調査(2020年11月)。タブレットを使った調査法に関しササカワ・アフリカ財団の支援を受けた。 

  • マスタートレーナーが講師を務めるSHEPトレーナー育成研修(2021年2月)。ナイジェリア国内18州から州政府職員を首都に集めて実施された。(写真提供:FDAE: Federal Department of Agricultural Extension/Ugochukwu) 

  • SHEPトレーナー研修における市場調査実習(2021年2月)。マスタートレーナーが実習を主導、SHEP課題別研修の過去の受講者である州政府職員が実習を支援した。(写真提供:FDAE/Mary) 

  • Nasarawa州職員による農家研修(2021年3月)。研修の成果や写真をタブレット端末を使って収集、マスタートレーナー・州職員・日本人専門家らで成果の確認と次の研修へのアドバイスを毎週行っている。(写真提供:FDAE/Huzi) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。