ナイジェリア疾病予防センター診断能力強化計画

(The Project for Strengthening the Diagnostic Capacity of Nigeria Centre for Disease Control)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ナイジェリア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2019年4月
事業
無償資金協力
供与額
15.80億円
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

ナイジェリアでの感染症による死亡件数は近隣国よりも多い現状があり、そのため同国では、2010年にナイジェリア疾病予防センター(NCDC)が設立され、検査室ネットワークの中心的役割を担っています。ただ、同国起源の新興感染症や隣国からの輸入感染症など、同国で頻繁に発生する高病原性病原体を安全に管理し検査することのできる、バイオセーフティが確保された封じ込め検察室がないため、迅速かつ確実な検査と感染症検知を阻害する要因となっています。この協力では、NCDCにバイオセーフティレベル3の封じ込め検査室およびバイオセーフティレベル2検査室などを設置することにより、感染症対応およびアウトブレイクの早期検知を実施するサーベイランス機能の体制強化を図り、同国の公衆衛生向上による社会の安定化および周辺国における感染症の予防、拡大防止に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報