税関コード導入による税関能力強化プロジェクト フェーズ2

Project for Capacity Development of South Sudan Customs for Introduction of Harmonized System Code (Phase 2)

実施中案件

国名
南スーダン
事業
技術協力
課題
経済政策
協力期間
2019年10月〜2022年9月

プロジェクト紹介

南スーダンは2011年に独立国家となりましたが、同国経済は原油収入に過度に依存しており、原油収入が2010年の同地域のGDPの71パーセント、歳入の98パーセントを占めています。このような状況において、同国の歳入庁税関局が適切な業務により関税収入を増加させるという役割の重要性が増大しており、JICAでは2011年から税関セクターの能力向上支援を行い、Harmonized Systemコード(HSコード)に基づく関税率表の適用やHSコードに基づく業務を南スーダン税関内で推進するHSユニットの設立等、一定の成果を達成しました。しかし依然として、国境事務所での税関手続きは、職員の能力の低さや理解の欠如から、非効率な状況が続いています。本協力は、同国において、HSコードの機能強化、国内での適切な関税率に基づいた税関職員及び通関業者の業務能力向上、及び原産地規則に係る能力強化を行うことによって主要国境において国際基準に即した税関職員の税徴収能力強化を図り、通関手続きの近代化に寄与します。

協力地域地図

税関コード導入による税関能力強化プロジェクト フェーズ2の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 南スーダン共和国税関コード導入による税関能力強化プロジェクトフェーズ2のためのRD署名式の様子 

  • 税関統計部門が通関書類を精査している様子 

  • 税関HSコード研修の様子(2019年6月) 

  • 通関業者へのHSコード勉強会の様子1 

  • 通関業者へのHSコード勉強会の様子2 

  • 通関業者へのHSコード勉強会の様子3 

  • 通関業者へのHSコード勉強会の様子4 

  • 南スーダン税関局において関税品目分類コード(HSコード)部門の設立にあたっての記者会見の様子 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ