強靭な街作りのための土砂災害構造物対策能力向上プロジェクト

Capacity Development Project for Structural Measures against Sediment related Disaster for Resilient Cities

実施中案件

国名
ブラジル
事業
技術協力
課題
水資源・防災
協力期間
2021年7月〜2026年6月

プロジェクト紹介

ブラジルでは近年の経済発展に伴う不正土地利用や災害リスクの高い地域への都市拡張により、洪水、土石流、崩壊、地すべり等の斜面災害被害が増加しています。被害低減のためには、災害発生前のリスク削減が重要です。JICAは「統合自然災害リスク管理国家戦略強化プロジェクト」(2014~2017年)を通して土砂災害リスクの特定や観測・リスク情報伝達の能力強化を図ってきましたが、それに続くこのプロジェクトは、リスク削減に直結する構造物に目を向け、技術指針の作成、対策構造物の計画・設計・施工・維持管理に関する能力を強化し、ブラジルの土砂災害に対する能力強化を総合的に進めています。

協力地域地図

強靭な街作りのための土砂災害構造物対策能力向上プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • カウンターパートとの協議:地域開発省のカウンターパートとJICA専門家チームは、プロジェクトを遂行するため、常に情報を共有しながら協働している。(写真提供:Yachiyo Engineering Co., Ltd.) 

  • 渓流の状況確認:ブラジル国で土石流対策構造物の建設を推進するため、本プロジェクトでは土石流対策構造物の配置計画の作成方法に関する技術移転を行った。(写真提供:Yachiyo Engineering Co., Ltd.) 

  • 土石流対策構造物の建設予定地確認:カウンターパートや学識経験者とともに土石流対策構造物の建設予定地周辺を確認し、河床の状況や地盤調査の実施規模について認識を共有した。(写真提供:Yachiyo Engineering Co., Ltd.) 

  • 学識経験者との協議:土石流対策構造物の設計,施工および維持管理方法を解説した「砂防堰堤マニュアル」のローカライズを、ブラジルの学識経験者と協働して行った。(写真提供:Yachiyo Engineering Co., Ltd.) 

  • 第1回セミナー開催状況:プロジェクトを通じて専門家およびカウンターパートそれぞれが実施した活動成果を、関係機関の担当者と共有した。(写真提供:Yachiyo Engineering Co., Ltd.) 

関連情報

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。