• ホーム
  • 協力形態から探す
  • 地震直後におけるリマ市内インフラ被災程度の予測・観測のための統合型エキスパートシステムの開発

地震直後におけるリマ市内インフラ被災程度の予測・観測のための統合型エキスパートシステムの開発

Project for Development of integrated expert system for estimation and observation of damage level of infrastructure in Lima City

実施中案件

国名
ペルー
事業
技術協力
課題
運輸交通
協力期間
2021年9月〜2026年9月

プロジェクト紹介

ペルーは、日本と同様に環太平洋地震帯に位置し、地震・津波が多発する国のひとつです。これまでマグニチュード7.0を超える規模の大地震が複数回発生し、いずれも多くの死傷者と経済被害をもたらしており、持続的開発の弊害となっています。特に、同国総人口の3割強を占めるリマ首都圏(約1千万人)で大地震が発生すれば、主要な社会インフラやライフラインへの深刻な被害は免れず、社会的・経済的影響は計り知れません。そのため、同国内においても、科学的データに基づき脆弱性やリスクを評価しつつ、防災や減災の取組みを促進していくことが急務とされ、日本の協力も得ながら、防災分野の研究が進められています。しかし、これらの研究を有機的につなぎ、特にインフラを含めた構造物の被災度の早期把握、安全な避難誘導による死傷者の軽減と二次被害の防止、並びに早期のサービス復旧に貢献する研究が必要となっています。この協力では、リマ首都圏において、地震・津波発生時の被害予測の高度化、建築物・ライフラインの被災度即時評価システムの確立により、それらの情報を統合したエキスパートシステムの構築及びシステム活用のための人材育成を図り、ペルーの地震・津波に対する災害対応能力強化(二次被害の低減及び復旧・復興の迅速化)に寄与します。

協力地域地図

地震直後におけるリマ市内インフラ被災程度の予測・観測のための統合型エキスパートシステムの開発の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • プロジェクト開始時の記念式典の様子(写真提供:CISMID) 

  • CISMID内地震モニターセンターの様子(写真提供:CISMID) 

  • 月例オンライン会議の様子 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。