ダッカ都市交通整備事業(1号線)(第二期)

Dhaka Mass Rapid Transit Development Project (Line 1) (2)

実施中案件

国名
バングラデシュ
事業
有償資金協力
課題
運輸交通
借款契約(L/A)調印
2021年11月
借款契約額
1150.27億円

プロジェクト紹介

バングラデシュの首都ダッカでは、1990年から2015年にかけて人口が662万人から 1,760万人まで増加しており(国際連合人口部、2018年)、人口増や経済成長等に伴う急激な交通需要の増大が慢性的な交通渋滞や大気汚染等を引き起こしています。
交通渋滞による経済損失は、年間数十億米ドルに上ると指摘されており(世界銀行、2018年)、また、深刻な交通渋滞に伴う排気ガスによるダッカ都市圏の住民への健康被害も懸念されています。
この協力は、市内中心部のカマルプール駅とハズラット・シャージャラール国際空港及びナラヤンガンジ県内の新興住宅地であるプルバチャール地区を接続する 都市高速鉄道(MRT1号線)の整備を行うもので、軌道系大量輸送システムであるMRT1号線を建設することにより、交通渋滞及び環境悪化に直面するダッカ都市圏の輸送需要への対応を図り、交通混雑の緩和を通じた経済の発展及び都市環境の改善に寄与します。

協力地域地図

ダッカ都市交通整備事業(1号線)(第二期)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • Notun Bazar駅の建設現場(空港線のMRT5号線との接続駅)(写真提供:NKDOS Consortium) 

  • Naddda駅の建設現場(空港線)(写真提供:NKDOS Consortium) 

  • Airport駅の建設現場(空港線)(写真提供:NKDOS Consortium) 

  • Mastul駅の建設現場(プルバチャール線)(写真提供:NKDOS Consortium) 

  • Purbachal東駅の建設現場(プルバチャール線)(写真提供:NKDOS Consortium) 

  • 標準駅のイメージ(プルバチャール線)(写真提供:Kengo Kuma and Associates) 

  • アイコニックデザイン駅のイメージ(Sheikh Hasina Cricket Stadium駅、プルバチャール線)(写真提供:Kengo Kuma and Associates) 

  • アイコニックデザイン駅のイメージ(Purbachal東駅、プルバチャール線)(写真提供:Kengo Kuma and Associates) 

  • 車両基地建設現場(写真提供:NKDOS Consortium) 

関連情報