プノンペン首都圏送配電網拡張整備事業(フェーズ2)(第二期)

(Phnom Penh City Transmission and Distribution System Expansion Project(Phase 2)(2))

【写真】プロジェクトの様子

国名
カンボジア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
2018年5月
事業
有償資金協力
借款契約額
92.16億円
課題
資源・エネルギー

プロジェクトの紹介

カンボジアの首都プノンペンは人口約170万人を抱え、国内電力需要の7割を占める経済の中心地ですが、拡大する電力需要に供給が追い付かず、その安定供給が課題となっています。系統制御システムが未整備であるため停電の発生範囲が拡大し、復旧にも長時間を要する状況にあることから、早急な電力設備の増強が求められています。この協力(フェーズ2第二期)では、第一期に続き、変電所(2ヵ所)の新・増設、送配電網拡張(架空送電線、地中送電線新設、配電線の新設)を支援します。これにより、首都圏の電力供給の安定性を高め、同国の経済発展に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報