人材育成事業(エジプト・日本教育パートナーシップ)

(Egypt-Japan Education Partnership: Human Resource Development Project)

【写真】プロジェクトの様子

国名
エジプト [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
2017年5月
事業
有償資金協力
借款契約額
101.92億円
課題
教育

プロジェクトの紹介

エジプトでは、長期開発戦略で教育・保健分野の人材育成が急務となっていますが、またそれを通じて若者の失業率改善にも資することが期待されています。2016年2月には日本、エジプト両政府の間で、エジプトの若者の能力強化を目的とした「エジプト・日本教育パートナーシップ」(EJEP)が締結され、日本は今後5年間で少なくとも2,500人のエジプト人を受け入れることを表明しました。この協力では、主に教育・保健分野を対象に1,300人以上の学生、教員に対し、日本における留学、研修等を実施します。これにより、教育・保健セクターを含むエジプトの重点セクターの人材育成を推進し、エジプトの貧困削減・生活水準の向上に寄与することを目指します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報