バンガロール上下水道整備事業(2-1)

Bangalore Water Supply and Sewerage Project(2-1)

終了案件

国名
インド
事業
有償資金協力
課題
環境管理
借款契約(L/A)調印
2005年3月
借款契約額
419.97億円

プロジェクト紹介

インドのカルナタカ州の州都であるバンガロール市は、「アジアのシリコンバレー」として知られ、ソフトウェア産業を中心に急速に発展を続けています。同市は海抜840~940メートルに位置し、地理的な条件により、約100キロメートル離れたカウべリ川より取水し、給水供給量を増加してきましたが、総供給量は人口増加に十分対応出来ていませんでした。この協力(第2-1期)では、同市において、上下水道施設の整備を支援しました。これにより、上水供給量と下水処理量の増大を図り、同地域の民生の向上および産業の発展に寄与しました。

協力地域地図

バンガロール上下水道整備事業(2-1)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 【協力実施後】バンガロール市への送水管 

  • 【協力実施後】浄水施設(トレカダナハリー) 

  • 【協力実施後】下水処理施設(ナガサンドラ) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。