バンガロール・メトロ建設事業(2)

Bangalore Metro Rail Project(2)

終了案件

国名
インド
事業
有償資金協力
課題
運輸交通
借款契約(L/A)調印
2011年6月
借款契約額
198.32億円

プロジェクト紹介

インドのカルナタカ州ベンガルール(注)都市圏の人口増加率は2001年から2011年の十年間で46.7%と、インド主要都市の中で最も高く、その人口は2020年時点でインドで第4位(1,400万人)の規模となっています。また、道路交通需要の拡大に伴う交通渋滞が重大な問題となっており、経済損失や大気汚染・騒音等の問題が深刻化しており、大量高速輸送システムの整備が喫緊の課題となっています。日本は、ベンガルール市において、増加する輸送需要への対応を図るため、総延長約40キロメートルの大量高速輸送システムの建設を支援しました。交通混雑の緩和と地域経済の発展、都市環境の改善が期待されます。
(注)案件名はバンガロールとなっていますが、2014年にバンガロールはベンガルールに名称変更されています。

協力地域地図

バンガロール・メトロ建設事業(2)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 【市内の交通状況】市内は幹線道路でも2〜4車線が多く、交通量に対して幅員は十分ではない為、平均時速10キロメートル程度で走行している。 

  • 【建設中の様子】建設中の車両基地の様子。 

  • 【建設中の様子】高架区間における軌道敷設工事の様子。 

  • 【建設中の様子】高架区間の建設工事の様子。高架区間の土台を「セグメント」と呼ばれる桁をつなぎ合わせて建設している工事現場。 

  • 【移転先居住地】約100世帯が居住しているスラム住民の移転先。 

  • 【開通式】開通式でスピーチするカマルナート大臣 

  • 【開通式】開通式の会場を埋め尽くすバンガロール市民 

  • 【開通式】記念すべき始発列車 

  • 【開通式】日本のインドへの協力を象徴する駅構内の垂幕 

  • 【開通式】日本のインドへの協力を象徴する駅構内の垂幕 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ