リマ首都圏周辺居住域衛生改善事業

(Lima Marginal Areas Sanitary Improvement Project)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ペルー [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
2000年9月
事業
有償資金協力
借款契約額
248.54億円
課題
水資源・防災、環境管理

プロジェクトの紹介

ペルーのリマ首都圏は、ペルー全人口の約3分の1(約1,000万人)が集中し、また太平洋沿岸部の乾燥地帯に位置するため、従来から乾季の水不足が深刻でした。地方部からの低所得者層の流入により市街地周辺部の宅地開発が急速に進展中であるにもかかわらず、上下水道等の生活基礎インフラが整備されておらず、住民の健康および衛生状態に深刻な影響を及ぼしていました。この協力(第1期および第2期)では、ワチパ浄水場、取水口、北部送水管の建設と上下水道網の整備を支援しました。これにより、水へのアクセスを改善するとともに、下水を適切に処理し、住民の衛生状態の改善に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報