地方自治体インフラ改善事業

(Local Authorities Infrastructure Improvement Project)

【写真】プロジェクトの様子

国名
トルコ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
2015年5月
事業
有償資金協力
借款契約額
450.00億円
課題
環境管理

プロジェクトの紹介

トルコでは、近年の堅調な経済成長と急速な都市化により、地方自治体における公共インフラ需要が急増しています。一方で、2011年から続くシリア内戦以降、多くのシリア難民を受け入れており(2015年4月時点で約175万人、トルコ政府発表)、難民キャンプのほか、地方自治体でも受入れを拡大している状況です。大規模な難民流入の影響により、上下水道、廃棄物など地方自治体が提供するサービスレベルが低下しており、これらへの対応が課題です。この協力では、シリア難民を受け入れている地方自治体に対し、イルラー銀行を通じてインフラ整備に必要な長期資金を供給し、インフラの改善を行います。これにより、シリア難民を含む地方自治体住民の生活環境の改善が期待されます。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報