地震と津波に強い街づくりプロジェクト

 英語 スペイン語

エクアドル共和国(以下、「エクアドル」)は環太平洋地震帯に位置する地震・津波多発国であり、1906年及び1979年にコロンビア国境付近で発生した地震・津波で大きな被害が発生している(1906年の地震・津波による死者は1500人規模、1979年の地震津波による死者は600人規模)。エクアドルの自然災害は、地震、津波、火山、洪水、干ばつと多様であるが、海溝地震による大規模地震発生による地震と津波の被害が大きい。

JICAは、津波災害に対応するため、2014年〜2017年に国立理工科大学地球物理学研究所(以下、「IG-EPN」)、海洋学研究所(以下、「INOCAR」)、国家危機管理…

更新情報

2020年3月18日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2020年2月20日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2020年2月5日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2020年1月23日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2020年1月15日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
エクアドル
課題:
水資源・防災
署名日:
2017年4月11日
協力期間:
2017年7月17日から2021年3月31日
相手国機関名:
国家危機管理庁(SGR)、都市開発・住宅省(MIDUVI)、アタカメス市、ポルトビエホ市、サリナス市

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。