エジプト日本科学技術大学(E-JUST)プロジェクト フェーズ2

エジプト・アラブ共和国(以下、エジプト)は、学生数の急増により、教員一人当たりの学生が増大し、教育の質の低下が顕在化している。授業は座学による理論中心で、実践的かつ先端的な教育を行う大学は限定的である。また、研究面においても、高度な研究資機材の不足により、大学の研究能力は高くない。そのため、産学連携の活動は活発とは言えない状況にある。このような状況のため、特に理工系分野の優秀な学生は海外留学し、そのまま海外に就職する者が多く、優秀な人材の国外流出が課題となっており、こうした状況を改善するため、高等教育機関の改革は、エジプトにおいて喫緊の課題となっている。

そのような状況の下、…

対象国:
エジプト
課題:
教育
署名日:
2013年12月18日
協力期間:
2014年2月1日から2019年1月31日
相手国機関名:
エジプト日本科学技術大学(E-JUST)、高等教育省

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。