エジプト日本科学技術大学(E-JUST)プロジェクトフェーズ3

(Egypt-Japan University of Science and Technology (E-JUST) Project Phase 3)

【写真】プロジェクトの様子

国名
エジプト [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2019年2月〜2024年1月
事業
技術協力
課題
教育

プロジェクトの紹介

エジプト日本科学技術大学(E-JUST)は、日本型工学教育の特徴である「少人数、大学院・研究中心、実践的で国際水準の教育提供」をコンセプトに2010年に開学し、現在は工学系大学院10専攻及び国際ビジネス・人文学系2学科での教育・研究に加え、工学部も開設されています。これまで工学系大学院より206名の学位取得者(博士:117名、修士:89名)を輩出してきました。2015年には同国の大学の中で教員一人当たりの論文数が1位になるなどの成果を挙げています。フェーズ3となるこの協力では、E-JUSTの学術的、財政的自立に向けて、E-JUSTが本邦大学と将来にわたる協力関係を構築し、産業界との連携強化を促進していきます。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報