水技術機構(EWTI)研修運営管理能力強化プロジェクト

エチオピアでは、多くの人が安全な水と衛生施設へのアクセスから取り残されています。日本は1970年代から給水施設の建設や、水分野の技術研修・訓練を担うエチオピア水技術センター(水技術機構(EWTI)の前身組織)の設置を通じ4,000人以上の技術者育成を支援してきました。本プロジェクトでは、給水サービスを担うスキルを充実させた技術者の人数確保を図るため、研修カリキュラムが一層充実するよう支援します。EWTIの研修運営能力の強化に加え、研修を担当するEWTI講師の指導能力を向上させ、内部研修の実施体制を整備することで、EWTIにおける戦略的かつ継続的な水技術者育成に貢献します。

更新情報

2018年12月10日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2018年11月27日
資料集」を更新しました。
対象国:
エチオピア
課題:
水資源・防災
署名日:
2017年3月8日
協力期間:
2017年6月30日から2020年6月29日
相手国機関名:
水技術機構(EWTI)、水・灌漑・電力省(MoWIE)

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。