コミュニティ内における調停能力強化プロジェクトフェーズ2

ネパールは1996年から内戦状態にありましたが、2006年11月のネパール政府とマオイストとの包括的和平協定の合意後、2007年1月の暫定憲法成立、2008年4月の制憲議会選挙実施、同年5月の王制から連邦民主共和制への移行等、民主化及び和平プロセスが進展しています。その後、連邦制の在り方に関する議論に決着がつかないまま2012年5月に制憲議会が解散する等政治的混乱が続いていましたが、2013年11月には第2回制憲議会選挙が大きな混乱もなく実施されました。一方、地方選挙は1997年以降実施されておらず、未だ地方議会が存在しない状況となっています。また、このような民主化プロセスの過程において、異な…

更新情報

12月18日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
11月10日
ニューズレター」 を更新しました。
5月24日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
5月23日
ニューズレター」 を更新しました。
6月6日
プロジェクトホームページを新規開設しました。
対象国:
ネパール
課題:
平和構築
署名日:
2015年2月2日
協力期間:
2015年7月1日から2018年11月30日
相手国機関名:
連邦・地方開発省、郡開発委員会

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。