地方給水施設運営維持管理強化プロジェクト

ルワンダ国政府(以下、「ル」国)は、2000年に中長期的な国家開発計画「VISION2020」を策定し、2020年までに全国民に安全な水を提供することを目標に掲げている。実際、2011年時点の給水率は74.2%(第3回総合世帯の生活状況調査2010/2011年-EICV3)となっているものの、2012年時点で稼働している給水施設は6割弱(2012)ともされ、実際の安全な水へのアクセス率は統計値より大幅に低いと推定されている。また、このような給水施設の稼働率の低さの1つとして維持管理体制の脆弱さが挙げられている。「ル」国の地方給水は、谷底に位置する水源から標高差200m程度の尾根に集中する…

更新情報

2018年7月24日
資料集」を更新しました。
対象国:
ルワンダ
課題:
水資源・防災
署名日:
2014年11月21日
協力期間:
2015年4月20日から2019年12月31日
相手国機関名:

中央レベル(カウンターパート、以下「C/P」):水衛生公社地方給水局(Water and Sanitation Corporation, Rural Water Services:WASAC RWS)職員(6名:2015年4月時点)

地方レベル:東部県、モデル4郡、給水事業体(Water Service Providers:WSPs)のスタッフ

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。