母子手帳による母子保健サービス向上プロジェクト

(Project on Ensuring Maternal and Child Health Service with MCH Handbook Phase 2)

【写真】プロジェクトの様子

国名
インドネシア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2006年10月〜2009年9月
事業
技術協力
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

インドネシアの保健医療水準は1970年代以降改善されてきましたが、乳児死亡率、妊産婦死亡率ともに他のアセアン諸国の状況と比較すると深刻な状況にありました。日本は、これまで、同国版母子手帳の開発・試行・活用などの技術協力を支援してきましたが、この協力では、母子手帳が母子保健サービス統合の手段として機能するとともに、サービスを継続するためのシステムの確立(研修制度やモニタリング・報告制度の充実)などを支援しました。これにより、保健関係施設における母子手帳を使った母子保健サービスの提供の充実に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報