地方分権下における母子健康手帳を活用した母子保健プログラムの質の向上プロジェクト

(Project for Enhancing the Quality of Maternal and Child Health Program and the Implementation of Maternal and Child Health Handbook in the Era of Decentralization)

【写真】プロジェクトの様子

国名
インドネシア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2018年10月〜2023年10月
事業
技術協力
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

インドネシアにおける母子手帳は、1994年に中央ジャワ州で試験的に導入されて以来、全州を対象に順調に配布・活用が広がっています。母子手帳を利用することで、個人レベルでは母子保健サービスがより多く利用されていることが確認されていますが、そのサービス利用率には地域間格差が生じています。SDGs達成に向けた母子継続ケア推進のために、この協力では、拠点州を中心に、小児健診の定期化、手帳の活用が希薄な民間病院との連携、デジタル技術の活用を通じて、母子保健サービスの更なる向上を図ります。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報