アセアン工学系高等教育ネットワークプロジェクト フェーズ1

(ASEAN University Network / Southeast Asia Engineering Education Development Network (AUN/SEED-Net))

【写真】プロジェクトの様子

国名
タイ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2003年3月〜2008年3月
事業
技術協力
課題
教育

プロジェクトの紹介

アセアン加盟各国では、産業構造と企業活動の高度化が進んでいます。しかし、産業の多角化や環境問題などの各種課題に対応できる、高等教育機関によるグローバルな工学系高度産業人材と研究活動は不十分な状況でした。この協力(フェーズ1)では、教育・研究協力ネットワークの構築および日本の大学との連携により、参加大学の工学分野における研究・教育能力の向上を図りました。これにより、ASEAN諸国の工業が発達し、持続的経済発展に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報