アセアン工学系高等教育ネットワークプロジェクト フェーズ2

(ASEAN University Network/Southeast Asia Engineering Education Development Network Phase 2)

【写真】プロジェクトの様子

国名
タイ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2008年3月〜2013年3月
事業
技術協力
課題
教育

プロジェクトの紹介

アセアン加盟各国では、産業構造と企業活動の高度化が進んでいます。しかし、産業の多角化や環境問題などの各種課題に対応できる、高等教育機関によるグローバルな工学系高度産業人材と研究活動は不十分な状況でした。この協力(フェーズ2)では、ネットワークの基盤強化と対象範囲の拡大、教員の学位取得の継続など、フェーズ1で形成された基盤の拡充と自立性確保を行いました。これにより、ASEAN地域の社会・経済発展に必要とされる工学系人材が持続的に輩出されることに寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報