法制度整備プロジェクトフェーズ2

Legal and Judicial Cooperation Project(Phase 2)

終了案件

国名
カンボジア
事業
技術協力
課題
ガバナンス、平和構築
協力期間
2004年4月〜2008年4月

プロジェクト紹介

カンボジアでは1991年の内戦終結後、法の支配を確立するための法・司法改革が最重要課題のひとつでしたが、基本法など法体系は未整備で、政府職員や司法関係者の能力・技術も不十分であるため、自力で整備することが困難でした。日本はプロジェクトのフェーズ1(1999年~2003年)で民法および民事訴訟法の起草と法執行手続き、司法組織の整備を行いました。それに続くこの協力では、主に関係者の能力強化と付属法令の解説資料の起草を通した民法・民事訴訟法立法化の推進を図り、信頼性と有用性の高い民事法令の運用を目指しました。

協力地域地図

法制度整備プロジェクトフェーズ2の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 民法及び事訴訟並に関連の注解書、解説書付属省令の冊子 

  • 民法及び事訴訟並に関連の注解書、解説書付属省令の冊子 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

関連記事等

関連記事等はありません。