民法・民事訴訟法運用改善プロジェクト

(Legal and Judicial Development Project (Phase 5))

【写真】プロジェクトの様子

国名
カンボジア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2017年4月〜2022年3月
事業
技術協力
課題
ガバナンス

プロジェクトの紹介

カンボジアは20年にわたる内戦の影響で、1991年の終戦時には司法制度が壊滅状態にありました。1999年から日本は継続して、同国の民法・民事訴訟法をはじめとする20を超える民事関連法令の起草・成立と法曹人材の育成や、民事関連法令に関する体系的な理解の促進・能力強化を支援してきました。今後、民法・民事訴訟法が正しく運用・定着し、国民の権利が保護され、安全な取引が行われるようにするためには、これらの法令が適切に運用されるための基盤整備が課題です。この協力では、主要民事関連法令の整備、民法・民事訴訟法の適切な運用を支える各種書式例等の整備、判決公開とその手続の整備を行います。これにより、同国において民法・民事訴訟法の普及および適切な運用に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報