民法・民事訴訟法運用改善プロジェクト

Legal and Judicial Development Project (Phase 5)

実施中案件

国名
カンボジア
事業
技術協力
課題
ガバナンス
協力期間
2017年4月〜2022年3月

プロジェクト紹介

カンボジアは20年にわたる内戦の影響で、1991年の終戦時には司法制度が壊滅状態にありました。1999年から日本は継続して、同国の民法・民事訴訟法をはじめとする20を超える民事関連法令の起草・成立と法曹人材の育成や、民事関連法令に関する体系的な理解の促進・能力強化を支援してきました。今後、民法・民事訴訟法が正しく運用・定着し、国民の権利が保護され、安全な取引が行われるようにするためには、これらの法令が適切に運用されるための基盤整備が課題です。この協力では、主要民事関連法令の整備、民法・民事訴訟法の適切な運用を支える各種書式例等の整備、判決公開とその手続の整備を行います。これにより、同国において民法・民事訴訟法の普及および適切な運用に寄与します。

協力地域地図

民法・民事訴訟法運用改善プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • カウンターパート機関であるカンボジア司法省 

  • 地方裁判所での現地調査。地方裁判所の現状について専門家によるインタビュー 

  • 地方裁判所(プレイベン始審裁判所) 

  • 民法・民事訴訟法実務セミナー。裁判官、書記官、弁護士、司法省職員、大学教授が対象。カンボジア全国より約180名が参加 

  • カウンターパートとのワーキンググループ活動 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ