廃棄物減量化・資源化促進プロジェクト

Waste Minimization and Recycling Promotion Project

終了案件

国名
フィジー
事業
技術協力
課題
環境管理
協力期間
2008年10月〜2012年4月

プロジェクト紹介

フィジーでは、国土の狭さや伝統的な土地所有制度などの社会的背景から適切な廃棄物処分場の確保ができていませんでした。技術的な管理能力も伴っていない状況で、経済的に重要な観光・産業資源や、公衆衛生への悪影響が問題となっていました。また、都市部における廃棄物の多種多様化や量の増大が進んでいました。この協力では、ラウトカ市、ナンディ町を対象とし、フィジーの特性にあわせた3R(発生抑制、再利用、再生利用・資源化)モデルをつくり、自治体の廃棄物管理能力を向上させ、ごみの減量化・資源化を促進するための協力を行いました。

協力地域地図

廃棄物減量化・資源化促進プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • プロジェクトで供与されたマルチパーパストラック 

  • 家庭の台所に貼られたマニュアルには、回収日を明記 

  • ペットボトルはよく洗って綺麗になっている 

  • カウンターパート(ナンディ役場職員)がコンポストの状況を確認してアドバイスをする 

関連情報