大洋州地域廃棄物管理改善支援プロジェクト

(Japanese Technical Cooperation Project for Promotion of Regional Initiative on Solid Waste Management)

【写真】プロジェクトの様子

国名
サモア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2011年2月〜2016年9月
事業
技術協力
課題
環境管理

プロジェクトの紹介

大洋州地域の島嶼国では、国土の狭さや伝統的な土地所有制度、および処理施設の未整備などにより、適切な廃棄物処理が困難な場合が多く、海洋への悪影響や都市の公衆衛生の低下などの問題が起こっていました。日本はこれまで大洋州の14の国・地域に対し、廃棄物管理に関する計画策定や人材研修などを支援してきました。この協力では、さらなる継続的な廃棄物管理改善の必要性がある11ヵ国を対象に廃棄物管理の体制の強化や人材育成を支援しました。これにより、大洋州域内の自立発展的な廃棄物管理の促進に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報