主要感染症対策プロジェクトフェーズ2

(Major Infectious Diseases Control Project Phase 2)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ミャンマー [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2012年3月〜2015年3月
事業
技術協力
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

ミャンマーでは、HIV/エイズ、結核、マラリアの3疾病が患者数、死亡数の上位を占めています。同国の軍事政権時代、海外からの感染症への対策支援は限定的でしたが、蔓延する感染症の対策は人道面から必要とされました。HIV/エイズ対策では、輸血血液によるHIV感染予防、HIVや梅毒検査の精度やデータ管理能力の向上を支援し、結核対策では、中央レベルの職員の能力強化や住民参加型の保健教育活動を行い、また、マラリア対策では、村レベルで適切な診断と治療活動ができるように、マラリア検査技術研修などの活動を行いました。こうした活動を通じて感染が広がるリスクの削減を図りました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報