マラリア排除モデル構築プロジェクト

The Project for Development of Malaria Elimination Model in Myanmar

実施中案件

国名
ミャンマー
事業
技術協力
課題
保健医療
協力期間
2016年3月〜2022年3月

プロジェクト紹介

ミャンマーでは、マラリアによる死亡は激減しましたが、地理的特性や社会的問題、対策の体制構築の遅延などにより、メコン地域では、いまだ死亡・罹患ともに最も多い状態にあります。そうしたなか、2014年東アジア首脳会議にて、2030年までのアジア・太平洋地域のマラリア排除の目標が採択され、同国でもこれに沿ったマラリア対策戦略の展開が急務となっています。この協力では、パイロット地域における有効なマラリアの排除システムを実証し、展開可能なモデルの構築を支援します。これにより、実証されたモデルの全国的な導入が期待されます。

協力地域地図

マラリア排除モデル構築プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • マラリア対策の最前線に配属されている助産師 

  • 典型的なマラリア流行地(チーク植林地) 

  • マラリア媒介蚊幼虫(ボーフラ)調査 

  • ボランティアのコミュニティーヘルスワーカーの研修 

  • カレン族集落で検査を待つ親子 

  • サブヘルスセンターでのマラリア検査 

  • 流行地でのマラリア検査 

  • 迅速診断テストによるマラリア感染と抗体の検査結果 

  • 調査時の人員配置。遠隔地ではボランティアと協力 

  • ミャンマー、タイ、世界保健機構(WHO)、JICAの連携協力で運営されている昆虫学試験室 

関連情報

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。