感染症対策アドバイザー

【画像】

JICAはこれまで、ミャンマーの主要な保健課題であるエイズ・結核・マラリアなどの感染症対策の支援を実施してきました(主要感染症対策プロジェクト)。プロジェクトは2015年3月に終了しましたが、ミレニアム開発目標からポスト2015開発アジェンダ(持続的開発目標)への移行により、これら3大感染症の対策も「流行の抑制」から「流行の終焉」へと新しい時代を迎えています。

「流行の終焉」に取り組むためには、信頼できる臨床検査能力とモニタリング・評価システムが不可欠です。各疾患の対策の根幹となる国家戦略計画では、臨床検査診断の重要性は増しており、その機能強化が求められています。しかしながら、3疾患対策の計画と臨床検査分野を統括する国立保健衛生研究所(National Health Laboratory、NHL)の計画との整合性が必ずしも取れておらず、NHLにおける包括的な活動計画策定・実施能力向上が望まれています。加えて、透明性の高いモニタリング・評価の必要性はますます高まっており、戦略策定と技術力の向上が求められています。

こうした背景から、2015年11月よりミャンマー保健省に対して感染症対策アドバイザーが支援活動を行っています。

活動ニュース