アフリカ理数科・技術教育センター拡充計画

The Project for the Upgrading and Refurbishment of the Centre for Mathematics, Science and Technology Education in Africa

国名
ケニア
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
教育
贈与契約(G/A)締結
2011年8月
供与額
5.81億円

プロジェクト紹介

ケニアは工業立国を目指し、初等・中等の理数系教育に力を入れていますが、特に中等教育終了資格試験の理数科目の成績が著しく低迷しています。日本は過去の技術協力でアフリカ理数科・技術教育センター(CEMASTEA)を拠点に教員研修を実施してきましたが、収容人数が少ないことから十分な研修を行うのが困難な状況でした。この協力では、CEMASTEAに講堂、講義室棟、実験室棟などの施設拡張、および理数科教育機材や研修機材の整備を支援しました。これにより、教員研修の講師や教育行政官に対する研修の拡充に寄与しました。

協力地域地図

アフリカ理数科・技術教育センター拡充計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 既存の理数科・技術教育センター内建設サイト(協力実施前撮影) 

  • 既存の講義室(協力実施前撮影) 

  • 既存の食堂。講堂がないため、オリエンテーションなどが食堂で行われている。(協力実施前撮影) 

  • この協力で建設された施設外観 

  • この協力で整備された物理実験室 

  • この協力で供与された理数科実験用機材 

  • この協力で整備された講堂 

  • この協力で整備された食堂 

  • この協力で供与されたバス 

  • プロジェクト銘鈑 

関連情報