第五次小学校建設計画

終了案件

国名
ブルキナファソ
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
教育
贈与契約(G/A)締結
2012年7月
供与額
11.38億円

プロジェクト紹介

ブルキナファソでは、初等教育純就学率が6割に留まっており、基礎教育の普及が不十分な状況にありました。また、同国では児童数が毎年約1割ずつ増加する傾向が続いており、慢性的な教室不足が生じていました。その結果、1教室に180名の児童を収容せざるを得ないケースなどが発生しており、小学校教室の新設・拡充、仮設教室の建替が求められていました。この協力では、小学校の校舎建設および付帯施設、机や椅子などの学校用家具の整備を支援しました。これにより、教育環境の改善を図り、同国における基礎教育の普及に貢献しました。

協力地域地図

第五次小学校建設計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 協力実施前 (フエ県 バナ小学校) 

  • 協力実施前 (フエ県 セクチュール18B小学校) 

  • 協力実施前 (フエ県 フォーB小学校) 

  • 協力実施前 小学校施設 (クルペゴロ県 ユルガC小学校) 

  • 協力実施前 (トゥイ県 ボア小学校) 

  • 協力実施後 (コルペゴロ県 YOURGA C小学校) 

  • 協力実施後 (コルペゴロ県 YOURGA C小学校) 

  • 協力実施後 (ブルグ県KERMA小学校のトイレ) 

  • 協力実施後 (ブルグ県BISSIGA小学校のトイレ) 

  • 協力実施後 (ブルグ県PONGA小学校) 

関連情報