第二次小学校建設計画(第1期)

終了案件

国名
ブルキナファソ
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
教育
交換公文(E/N)署名
1997年12月
供与額
10.47億円

プロジェクト紹介

ブルキナファソの初等教育は、就学率が世界でも最も低い国の一つであり、教育施設の不足、不備、教員の質の低下、教材の不足などの問題を抱えていました。雨風の影響を受け、安全面でも問題の多い藁葺き教室や日干し粘土による仮設教室が数多く存在しており、こうした仮設教室の建て替えや教室の増築が必要でした。この協力(第1期)では、地方農村部における小学校児童の就学条件の改善と就学率の向上を図るため、仮設教室の建て替え、教室の増築、机・椅子などの整備を支援しました。これにより、初等教育の教育環境の改善に寄与しました。

協力地域地図

第二次小学校建設計画(第1期)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • ANNEXE ENEP校:校舎正面から撮影 

  • ANNEXE ENEP校:背面から撮影 

  • KABA校:校舎正面から撮影 

  • KABA校:背面から撮影 

  • GUIMOU校:正面から撮影。基本設計はANNEXE ENEP校、KABA校と同様だが、現地仕様のレンガを取り入れた設計になっている。 

  • 教室内部の様子と学校備品(黒板および学習机):すべてのサイトにおいて同じ仕様の備品を供与。 

  • すべてのサイトにおいて標準設計に含まれている校長室の内部。校長用の机および来客用の椅子、収納棚が供与されている。 

  • YALGATENGA校:衛生棟(トイレ)の標準設計。 

  • YEGUER校:衛生棟 (トイレ)の標準設計だが、写真5のGUIMOU校と同様に現地仕様のレンガを取り入れた設計になっている。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。