地方自治強化のための参加型計画策定とコミュニティ開発強化プロジェクトフェーズ2

Strengthening Participatory Planning and Community Development Cycle for Good Local Governance - Phase 2(O&OD Project - Phase 2)

実施中案件

国名
タンザニア
事業
技術協力
課題
ガバナンス
協力期間
2015年1月〜2020年1月

プロジェクト紹介

1996年から地方分権化政策を進めているタンザニア。その一環として、2002年から独自の参加型計画策定手法であるO&OD(Opportunities and Obstacles to Development)手法の全自治体への導入を図ってきました。この協力(フェーズ2)では、2009年から開始されたフェーズ1で開発されたO&ODモデルを全国に普及展開するための体制構築を支援します。これにより、O&ODプロセスが、よりよい地方自治の実現に効果的な方法として、普及地域で機能することが期待されます。

協力地域地図

地方自治強化のための参加型計画策定とコミュニティ開発強化プロジェクトフェーズ2の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 2015年8月にキリマンジャロ州シーハ県ガララグア郡の対象村、ウィリ村にて行われたコミュニティ計画策定プロセスの一コマ。自治体タスクフォースメンバーである県庁職員が計画プロセスの意義などについて説明している。 

  • 2015年8月にキリマンジャロ州シーハ県キルワ郡の対象村、フカ村にて行われたコミュニティ計画策定プロセスの一コマ。プロジェクトの研修を受けた郡ファシリテータがディスカッションをファシリテート。 

  • 2015年8月にキリマンジャロ州サメ県ルヴ郡の対象村、ムフェレジニ村にて行われたコミュニティ計画策定プロセスの一コマ。村のリーダーがグループディスカッションの結果を発表しているシーン。 

  • 2015年8月にキリマンジャロ州サメ県ルグル郡の対象村、ルグル村にて行われたコミュニティ計画策定プロセスの一コマ。村のリーダーたちがグループに分かれて村の開発の現状を分析しているシーン。 

  • コミュニティ・ファシリテータ研修のトレーナーとして活躍するホムボサ村(プロジェクト対象村)のドラマ・ファシリテーション住民グループ「HOMBOSAMA」のメンバー。 

  • モロゴロ州ウランガ県ルピロ郡ナカフル村でのコミュニティ計画策定プロセス 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。