モンゴル地震防災能力向上プロジェクト

(Project for Strengthening the national capacity of earthquake disaster protection and prevention in Mongolia)

【写真】プロジェクトの様子

国名
モンゴル [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2016年11月〜2019年11月
事業
技術協力
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

モンゴルでは西部地域を中心にマグニチュード8クラスの大地震が度々発生しているほか、首都ウランバートル市近郊に三つの活断層が発見され、同市内でも有感・無感の地震が増加するなど地震リスクの高まりが懸念されています。日本は、2012年2月から2013年10月まで地震・災害対策としてリスクマップの作成と、それを踏まえたソフト面の防災対策の実施を支援してきました。この協力では、地震防災常設委員会が進める地震対策を具体化・推進するため、中央防災機関の省庁関連携・調整機能およびデータの取りまとめ機能の向上、並びに耐震建築、防災教育等関係機関が行う防災活動を支援します。これにより、国家防災行政機関の能力が向上し、同国の地震災害リスクの軽減に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報